FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
本当に大切なこと
お待たせいたしました、東京藝術大学「漆講座」のようすのご報告。

下の写真は、私の制作品です。(黄色はマスキングテープ)



あと、もう一息で完成!


最初のイメージでは、塗りの仕上がった箸に彩色だけをする講座と思っておりました。

何せ短期講座。時間が限られています。

ところがこの講座の目的は、彩色だけではなく、

ほとんどの時間を「磨き」「塗り」「切断」といった限りなく気の遠くなる作業だったのです。

それでも完成まではまだ遠く、上記の様子から「少なくとも1ヶ月は漆が固まるまで待っていてくださいね。」

今月の私の誕生日に、その日を迎えます。偶然ですがとっても楽しみ♪です。

固める前の箸は、大事に守られて運ばれます。先生方、ありがとうございます。


固まるまで、触ることのできない箸たち。

いったい、どのように持って帰れば??と思っていましたら、

さすが、アイデアの宝庫、東京藝大の先生方。

すばらしい、手作りのBOXを用意して下さいました。

こうして皆、家家へと無事持ち帰ることができました。


火の鳥 シチューボールのテーブルセッティング

【漆アートジャパン】のホームページでご紹介している品々は、

平均120以上の工程を経て出来上がります。

私の体験した工程はまだまだ少ないものでしたが、

「手抜きをしない」 「自然素材で作る」

正直に作られた品の大切さを、実感いたしました。


 輪島塗 楕円箸6種 


おしゃれで洗練され、人気の漆器やさんの中にも、

悲しいことに人工漆を「漆」、木粉を「木」と偽っているお店が少なくありません。

食べ物を入れて使う、毎日毎食口に入れる

『身体の中に入ってよくないもの』のかたまりであることを使っている方々はご存じでしょうか?

そのことをもっと知っていただきたい、という思いが

東京藝大の先生方と、【漆アートジャパン】の共通の願いであったことを知って

今回の講座参加はさらに意義が深まったと感じています。

軽くて使いやすく、品がよく、そしてみなさまに安全なものを

これからもご紹介して行きたいと思っています。


【2010/10/03 17:11】 | | トラックバック(0) | コメント(1)
<<ビバリータの額 | ホーム | 東京藝術大学の漆講座>>
コメント
お疲れさまでした♪
いい作品ができたみたいで何よりです。
今度見せてくださいね~。
ちょっと落ち着いたみたいなので、今度ごはんでも食べましょ。
【2010/10/05 00:22】 URL | CAfe Rico #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wakireartjapan.blog39.fc2.com/tb.php/55-d6003f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
漆アートジャパン          URUSHI-ART JAPAN


  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・       世界に誇れる日本文化の伝統、シルクと漆を組み合わせてアート感覚のインテリア額を提案します。無機質な壁面にさりげなく上質の温かさをプラス。オフィスの印象と品格を高める漆アートジャパン。

プロフィール

sumida

Author:sumida
墨田万由子です。京都市立芸術大学美術学部染織科卒。知識と経験を活かし、みなさまの周りの空間をグレードアップするお手伝いをいたします。
漆アートジャパンホームページ
も合わせてご覧ください。
商品に関するご質問・問い合わせ
icc21275@nifty.com

最近の記事

リンク

マイクロソフト支援UPプログラム
男女共同参画センターUPルーム たまご塾2期生

最近のコメント

QRコード

QR

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。