FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
永く漆製品を使うためのコツ
漆って扱いにくい・・・そう思っている方多いようですね。

最近身近にあまりないからかもしれません。

そんなに堅苦しく考えないでくださいね。

ちょっとしたコツをお教えしますから。

気楽に使ってくださいね。

器いろいろ


その前に、漆器って何でできているかご存知ですか?

漆器とは、木地(きじ)などの器の形に、

うるしの木の樹液を塗り重ね、塗り固めた道具です。

英語で「ジャパン」というように、日本を代表する伝統技術といえます。

もちろん、他のアジアの国々でも漆の木は育てられ、漆器も作られています。

漆アートジャパンのような100%日本産の漆を使った漆器は今では希少な存在です。


そんな天然素材ですから、火はもちろん苦手。
焼けてしまします。

そして、太陽の光、直射日光が大敵。
あなたのお肌と一緒で紫外線に弱く、変色の原因になります。

電子レンジや食器洗浄機、クレンザーも肌が荒れる原因です。
あなたの手が荒ることは、漆にも同じです。

柔らかい布かスポンジでやさしく洗ってあげるだけで十分長持ち。

そして、使い込むほどに『底艶』がでて、美しい発色となります。
ね、簡単でしょう?




テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

【2009/01/04 17:25】 | 日本の匠 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<タイトルなし | ホーム | お正月準備>>
コメント
高橋さん、今村さん、コメントありがとうございます。
HPやっと仮オープンにこぎつけました。
まだ細部まで書きこめていませんが、これからどんどん詳しく、楽しくしていこうと思っています。
写真も撮りなおすたびに漆のさらなる美しさや魅力に気づきます。
ちょっとのめり込んでいます(笑)来週あたりHPの写真を差し替えます。

ブログの器たちはそのうち「漆のライフスタイルのご提案」というコーナーに乗せるつもりです。
お気づきのこと、またお知らせくださいね。
【2009/01/11 04:43】 URL | 墨田 #.0dwVC4w[ 編集]
久しぶりにHPを拝見しましたら、遂に公開されたのですね!

TOPページ以外もとても素敵なコンテンツですっかり惹き込まれてしまいました。

ひとつ残念なのが、商品の写真が、拡大してもてあまり大きくなかった点。あと、2-3倍大きくみえれば、良いのではないかと思いました。(もっと細かくどんな織物模様なのかな、とみてみたかったので)

ではまた今後の活動を楽しみにしています。
【2009/01/10 18:58】 URL | 今村美紀子 #-[ 編集]
あけましておめでとうございます。

年賀状を頂き、ありがとうございました。
久しぶり2度目の訪問ですが
お仕事で、ご発展ご活躍されていらっしゃるようで嬉しく思いました。

漆はあまり身近に感じない日々を過ごしていますが、ブログの写真を見ているととても惹かれるものがあります。
また遊びに来ます!
【2009/01/05 11:49】 URL | Color275 高橋かをり #sSHoJftA[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wakireartjapan.blog39.fc2.com/tb.php/20-2b03ec23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
漆アートジャパン          URUSHI-ART JAPAN


  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・       世界に誇れる日本文化の伝統、シルクと漆を組み合わせてアート感覚のインテリア額を提案します。無機質な壁面にさりげなく上質の温かさをプラス。オフィスの印象と品格を高める漆アートジャパン。

プロフィール

sumida

Author:sumida
墨田万由子です。京都市立芸術大学美術学部染織科卒。知識と経験を活かし、みなさまの周りの空間をグレードアップするお手伝いをいたします。
漆アートジャパンホームページ
も合わせてご覧ください。
商品に関するご質問・問い合わせ
icc21275@nifty.com

最近の記事

リンク

マイクロソフト支援UPプログラム
男女共同参画センターUPルーム たまご塾2期生

最近のコメント

QRコード

QR

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。