FC2ブログ
目にも鮮やかな本物の「赤」
暑い夏、おそうめんにピッタリの漆アートジャパンの器をご紹介します。

流行りの小どんぶりとしても使いやすそうな品の良い大きさです。


合鹿椀(ごうろくわん)

漆塗りの本場、輪島です。

ここを訪れて最初に出会ったのがこの器。 『合鹿椀(ごうろくわん)』と申します。

豪快かつ繊細な印象を受けますが、軽く持ちやすい形です。

塗りの堅牢さは言うまでもなく、この鮮やかな赤をご覧ください。


合鹿椀と楕円の箸


『洗朱(あらいしゅ)』と呼ばれるこの色は、輪島塗の赤の中でも一番明るい朱に近い色です。

冴えるような、しかしとても柔らかい印象で、暑苦しい感じが全くありません。

ちまたに氾濫する外国産漆の割合の多い漆器や人工漆(カシュー)では出ない難しい色です。

いわば本物の国内産漆の証とでも申しましょうか。

漆アートジャパンは国内産100%の漆を10年ねかせて時を待ちます。

まるでウィスキーモルトのように。


赤の色見本

一番奥が『洗朱』です。

もちろん、黒や溜め色(ためいろ)など、お好みの色でオーダーができます。

半年ほどお待ちいただいたあと、お手元に届く時の楽しみを思い描ける器です。


【2008/08/14 18:48】 | 日本の匠 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<目には見えないけれど-不思議な話その1 | ホーム | デザインに夢中>>
コメント
このお庭は、輪島塗の江戸時代から続くお家です。ほんと、なんだか懐かしくていいなぁ、って思って撮らせていただきました。

京都の町屋のようにうなぎの寝床になっていて、玄関に近い方が住まい、まん中にお庭があり、職人さんたちの仕事場が後ろにあります。

夏の暑い盛りにお邪魔したのですが、涼しい風が通っていました。
【2008/09/18 20:59】 URL | 墨田 #.0dwVC4w[ 編集]
このお庭、墨田さんちのお庭ですか。。。
なんだかすごくなつかしいです。むかし子どもの頃、こういう 和の家に住んでいました。
妙なところに反応・・・
【2008/09/18 09:46】 URL | kozo #-[ 編集]
メールアドレスがどこにも書いてなかったのでこちらから失礼します。メルアド教えていただけたら、と思います(^^)
今日か明日まで銀座松屋でDESIGHN BUSSANTEN 開催してましたね。観られましたか?’(そのお話もしたくて金曜夜くらいにメールしたかったのですが。。)
【2008/09/02 00:35】 URL | アサオカタエコ #-[ 編集]
とても素敵な輪島塗ですね。
う~ん、なんとも言えないくらいの、とても深いイメージの朱の色ですね。
これぞ日本人の技という感じです。
改めて、日本の職人のすごさみたいなのを
感じてしまいました。
【2008/08/18 15:57】 URL | okalove #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wakireartjapan.blog39.fc2.com/tb.php/11-785b0671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
漆アートジャパン          URUSHI-ART JAPAN


  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・       世界に誇れる日本文化の伝統、シルクと漆を組み合わせてアート感覚のインテリア額を提案します。無機質な壁面にさりげなく上質の温かさをプラス。オフィスの印象と品格を高める漆アートジャパン。

プロフィール

sumida

Author:sumida
墨田万由子です。京都市立芸術大学美術学部染織科卒。知識と経験を活かし、みなさまの周りの空間をグレードアップするお手伝いをいたします。
漆アートジャパンホームページ
も合わせてご覧ください。
商品に関するご質問・問い合わせ
icc21275@nifty.com

最近の記事

リンク

マイクロソフト支援UPプログラム
男女共同参画センターUPルーム たまご塾2期生

最近のコメント

QRコード

QR

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる