FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
涼しい夏を
             お茶道具の棗(なつめ)をもう1点ご紹介します。

             以前ご紹介した雪の白い棗は
             お茶をたしなまれない方にもとても人気がございました。

             これは正統派の漆黒。「呂色」仕上げが艶やかです。

呂色仕上げがことさら美しい 鈴虫棗(なつめ)


             掌にのせても、重さを感じない薄く精巧な造りです。

             あまりの軽さに、虫がはばたきそうに思えます。


呂色仕上げの棗(なつめ)に描かれた鈴虫の金蒔絵



               鈴虫の薄く透けた羽まで精緻に描かれています。


       幼いころ、祖父の貸家の一つに住んでいたおじいさんを思い出しました。

       時折遊びに行くと、独り暮らしの寂しさを紛らわせるかのように、

       部屋中に鈴虫の瓶をいくつも並べ、たくさんの鈴虫に話しかけていました。


       その鈴虫がいっせいに鳴きはじめるときの美しい音色!

       この棗を眺めていると、その鈴虫のオーケストラが聞こえてきそうです。



       『良い作品には空間に美しさがある』

       恩師のそんな言葉も思い出しました。
       


スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

【2009/07/08 08:18】 | | トラックバック(0) | コメント(4)
漆アートジャパン          URUSHI-ART JAPAN


  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・       世界に誇れる日本文化の伝統、シルクと漆を組み合わせてアート感覚のインテリア額を提案します。無機質な壁面にさりげなく上質の温かさをプラス。オフィスの印象と品格を高める漆アートジャパン。

プロフィール

sumida

Author:sumida
墨田万由子です。京都市立芸術大学美術学部染織科卒。知識と経験を活かし、みなさまの周りの空間をグレードアップするお手伝いをいたします。
漆アートジャパンホームページ
も合わせてご覧ください。
商品に関するご質問・問い合わせ
icc21275@nifty.com

最近の記事

リンク

マイクロソフト支援UPプログラム
男女共同参画センターUPルーム たまご塾2期生

最近のコメント

QRコード

QR

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。